他のpopとスイングpopの違い
2017.07.26

シェーバー高い販促効果が得られるPOPは安い価格で購入が出来るので利用するお店が増えています。POPには種類があり設置する場所や商品によって使い分ける事が多いです。POPの中でもスイングPOPが特に人気が高いです。他のPOPとスイングPOPの違いはどんな点なのかまとめてみました。
POPは営業の様な役割を果たします。商品のアピールを人間がしようと思ったら人件費もかかりますし、新商品や売れ筋商品の前に常に店員が居て「おすすめですよ!」「売れていますよ!」と常に言っていたらどうですか?気になって購入する人も居ますが「ちょっと、わずらわしい」と感じる方の方が多いでしょう。POPは常に商品の棚にあっても不快な気持ちを与えず商品のアピールが可能です。POPには種類がありPOP用紙やビニール幕、のぼり、フロアPOPやカッティングシート、スイングPOP、エアーPOP、卓上POPなど様々な種類があります。数多くあるPOPですが設置場所が限られているもの多いです。のぼりやPOP用紙、ビニール幕、フロアPOPは特に場所が限られています。商品のアピールよりもイベントやキャンペーンの告知に使われる事が多いです。また設置するにはスタンドなどが必要な場合もあるので手間もかかります。
卓上POPはテーブルの上やレジの上に置かれる事があり、売り場で使う事が少ないです。またエアーPOPは上から吊るすタイプで見ても楽しいのでユラユラ揺れるスイングPOPの様に目にとまりやすいです。ですが設置には器具を使う事もなく簡単そうですがテグスなので吊るすタイプになるので設置は少し難しい場合もあります。
スイングPOPは設置器具も要らず両面テープで売り場の棚やレジなど場所を問わずに使う事ができポスターに貼る事も可能です。スイングPOPの販促効果が高い理由は動きがある事です。ユラユラ動く事で目にとまりやすくアイキャッチ効果が高いです。またLEDライトはめ込むことで更に目にとまりやすいように加工もできます。目にとまりやすくなる事で商品のアピールが効率的にでき場所も問わない点が他のPOPとの違いです。
また業種も問わず販促ツールとして使う事も可能です。ドラックストアや化粧品売り場、喫茶店、イベントのブースなど様々な場所で活躍します。新商品の案内やイベントの案内などアイデア次第で利用範囲が広がります。スイングPOPはオリジナルオーダーを取り扱っている業者もありますのでより売り場やブースにあったスイングPOPを作る事が出来ます。サンプル請求が可能な業者もあるので見積もりをとってみるのもいいですね。

▲ ページトップへ